HOME > 学生コース

学生コースのご案内

「大人が通える英語塾」のコンセプトが創立由来である当スクールがあえて中高生レッスンを開講する理由は?


学生であっても、いずれは社会人になります。
社会人の現状から得た情報を中高生に還元することで、使える英語力が養えるだけではなく、学習効率の最大化が狙えます。

子供から大人まで、英語の一貫教育として、お子さんを当スクールにお任せいただけないでしょうか。学校準拠や受験対策への配慮は当然ながらありますが、それ以上に先で使える英語力育成に尽力します。


当スクールならではの「強み」

社会人レッスンから得たデータ―や経験を基に、日本人特有の弱点ポイントを事前に克服することが可能です。

代表恵比須の著書「10日間完成!英文法総合問題集ES」シリーズは全国の学校(特に私立中高一貫校)で120校以上の採用を誇り、英文や問題解説のクオリティーの高さには定評があります。

本当の意味での個別指導。複数の異なる学年、授業で扱う単元が異なる(同じ時間に各生徒が別のことを勉強している)生徒を一度にまとめながら、数十分間隔で横につく(巡回する)個別式ではなく、同学年、同単元で1:1〜3までの完全個別スタイルです。

プロ講師のみを採用。学生のアルバイト講師に授業をお任せすることはありません。厳しいようですが、指導力(学力、出身大学と比例するものではありません)は大人のプロ講師とは雲泥の差がある、これが現実です。

▲ページトップに戻る

中学生コースのご案内

中学レベルの学習は、後に続く高校レベルだけではなく社会で必要になる日常会話スキルの要です。単純に高校入試や日々の学校準拠をベースにしたレッスンではなく、真の英語力に必要な素材を提供することが当スクールの使命です。

Follow-Up Class(学校準拠・定期テスト対策):
本当の個別スタイル、かつ学校英語の傾向に慣れたプロ講師だからこそ「効率的」かつ「柔軟」な学校フォローが可能です。
Grammar Class(英文法):
すべての分野において得点力となる英文法スキルの定着と語彙力(表現)の底上げに焦点を置きます。単純に日本語の意味内容の説明ではなく、もとのニュアンスまで掘り下げ、なぜこの表現が生まれるのかを理解し、応用力を養います。。
Reading Class(読解):
構文・読解スキルupコース 実際の英文では様々な文法・語法知識が複合的に絡み合って成り立っています。主に文型構造、修飾関係や品詞機能の理解を深めながら適切な英文解釈アプローチを説明し、解釈効率をアップさせます。また必要に応じて学校の進捗状況に合わせて教科書で扱うレッスンの復習や先取り学習も実施します。

▲ページトップに戻る




高校生・既卒生コースのご案内

5つのこだわり

(1) 後戻り学習を重視
大学入試で問われる知識のコア(核)となるのは中学レベル〜高校1年の基礎知識です。当スクールでは、常にこのレベルの基本知識から噛み砕き、どのようなルールが基になって応用レベルに発展しているのか、その段階を説明します。そのため、基礎の抜けがなく小さなつまずきも見逃しません。


(2) 復習を重視
どんな知識も復習段階で初めて頭の中で整理され自分で使える知識として蓄えられるものです。当スクールでは、すべてのレッスンで既出事項の復習を確認し、記憶をリフレッシュさせるトレーニングを繰り返すため、学んだ知識を確実に力にしていただきます。


(3) 論理的な英語の仕組みとニュアンスのダブルの角度で英文法を学ぶ
当スクールでは文法知識の丸暗記は排除し徹底したニュアンス解説を行い記憶に残る授業を展開します。またすべての英文法学習に影響を及ぼす文型・品詞理解の徹底により論理的に英語の仕組みを覚えることで、理解効率がアップし知識の定着がスムーズになります。


(4) 真の英語力を鍛える
いまや英語力は受験のためにあるものではありません。大学入試が終了しても、英語力が将来の就職活動に大きな影響を及ぼす時代です。当スクールでは一時的な目先の英語力アップを目指すのではなく将来を見据えた真の英語力を養っていただきます。(ただし、この実現には最低半年〜1年の通塾が必要です)


(5) インプット ⇔ アウトプットの繰り返しを重視
覚えた・学んだ(インプット)知識は演習(アウトプット)しなければ絶対に使えるようにはなりません。単語やイディオムなどの暗記分野においても、当塾では使って覚えることを重視し、とにかく繰り返し演習を自宅HWや授業、各種テストで徹底します。


Lv. 01
Grammar Class(英文法):
すべての分野において得点力となる英文法スキルの定着と語彙力(表現)の底上げに焦点を置きます。単純に日本語の意味内容の説明ではなく、もとのニュアンスまで掘り下げ、なぜこの表現が生まれるのかを理解し、応用力を養います。
Lv. 02
Reading Class(読解):
構文・読解スキルupコース 実際の英文では様々な文法・語法知識が複合的に絡み合って成り立っています。主に文型構造、修飾関係や品詞機能の理解を深めながら適切な英文解釈アプローチを説明し、解釈効率をアップさせます。また必要に応じて学校の進捗状況に合わせて教科書で扱うレッスンの復習や先取り学習も実施します。
Lv. 03
Exercise Class(演習):
標準〜応用レベルの総合演習コース 単元ごとではなく複数の単元をランダムに配した実戦演習で総合力を磨きます。志望校別にコースを開催するため無駄のない演習が可能です。基本的な文法・語法・構文・読解スキルのバランスが十分に取れている受験生が対象ですので、本コースで実施する演習の正答率が50%に満たない場合は補講または別コースへの参加をお勧めします。


▲ページトップに戻る